出ちゃうのです

どうしたって出てしまうのがあくび・・本当に、会社の研修とか、会議の時とか・・まずかった・・という記憶がある。してはいけないことは分かっているのですが・・でも、止めるにもその方法と言うのが分からなくて・・・困ったものでした。今はそんな心配はありませんが・・・。

でも、このあくびってそもそもどうしてでるのか??なのですが、先日テレビでやっていたのは脳の動きが鈍くなった時に基本的にはあくびと言うのは出る仕組みになっているのだそう。そこで沢山の空気を吸わせて酸素を取り込んで脳の活動を活発に戻す、ということをやっているらしいのです・・結構大切な役割をしていたんですね・・知らなかった・・でも、じゃあ会議の時にあくびが出る、と言うのは脳がそれを拒否して鈍くなっているという事なのでしょうか・・?(汗)困ったものです・・・。でも、あとはストレスなどによって出るあくびというものもあるらしくて、その緊張を和らげるためにもあくびと言うのは出る仕組みになっているのだそう。成程・・そっちの方だったという事にしておこう・・・。

そして、面白い事に脳の冷却作用もあるらしいのです・・冷却??と言う風に思ってしまいますよね。実は脳と言うのは、熱をとても貯め込みやすいらしいのです・・これすらも知らなかった・・その状態を放置すると、ヒートアップしてしまうらしくて、この状態を保ってしまうと、脳が動かなくなるのだとか・・・。そこであくびをすることによって脳を冷やすという効果があるらしいのです。面白い!!体温の・・脳温の調節機能という事なんですね・・・。実に面白い・・・でも、本当に真剣になっている時と言うのはなんだかんだ言って、そんなにあくびが出た経験と言うのはないような気が数・・と言う事は実は私はそんなに脳は使っていない、という事になるのでしょうか??ヒートアップするくらいには使っていないという事に・・それも問題かも(笑)