言葉の力

言葉は言霊と言う言葉があるように、その人が発した言葉には命が宿っている、と言われるし、本当にそう感じる。その言葉で勇気づけられたり、元気をもらったりする人もいれば、傷ついて命をも落とす人がいるから、本当に言葉の力というものは侮れないし、軽々しく口にしてはいけないな、と言う風に思う。

それに、言葉があることで、人間はコミュニケーションを取ることが出来るようになって、そこから色んなことがはじまったのだろうと思う、こんなにも文明が発達したのもそうだし、化学だってなんだって。だから、人間関係もややっこしくなった、ともいえるかもしれないけれども、どうせだったら、いい方向に有効活用したいな、と思うわけです。

じゃあどしたら、この言葉で自分の事をよりよく見せるか。プラスに使えるか・・って考えた時に、やっぱり挨拶って大事だな、と言う風に思ったのです。知らない人でもあいさつされたら気は悪くないし。知らない人でも挨拶をすることでそこの空気と言うのは変わるような気がして・・印象的だったのは、新婚旅行でメキシコに行った時、本当にすれ違う人、みんなが挨拶をしてくれるのです。ビックリしますよね?その感覚。日本でも挨拶はするとは言っても近所の人。とか。そんな感じだと思うのですが。でも、それがとても気持ちがいいものとしてやっぱり感じるんですよね。国の印象までをも決めてしまう。だから、極力恥ずかしくても挨拶はしたいものですよね。

そして、それとは対照的に陰口は絶対に言いたくはないもの。これは大人だから、とかではなくて、子供にもしっかりと教えたいな、という風に思うのです。そんなに言いたいことがあるのなら、面と向かって言えばいい、と思う。ただ、人と接するにあたって、人をむやみやたらと傷つけない、と言うのは人と接するうえでは絶対に大事な事だと思っているので、ここはしっかりと教えていきたいな、と言う風に思うのです。言葉、その使い方によってはちゃんといいようにして使えるものですもんね。